【SBI証券】新NISAの積立予約が受付開始!設定方法や注意点を徹底解説!(※2024年1月開始の締め切りは12月10日まで!)

資産形成
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

みなさん、こんにちは。

カズです。

今回は、SBI証券が11月19日から新NISAに向けた投信積立の受付を開始したので、実際の設定方法を詳しく解説します。

設定する際の注意点や具体的な設定方法を実際の画面で徹底解説するので、最後まで見て、一緒に新NISAの設定をしましょう。

2024年から始まる新NISAから投資をしたいけどまだ証券口座を解説していない方は、こちらの動画で今一番人気のSBI証券の口座開設方法を解説しています。口座開設がまだの方は、参考にして口座開設を申し込みましょう。

この記事の結論

・SBI証券では、11月19日(日)より、2024年から始まる新NISAでの投信積立の受付が開始された。

・すでにSBI証券で一般NISA・つみたてNISAを利用している人は、2024年1月に自動的に新NISA口座が開設され、積立設定もそのまま引き継がれるので銘柄の変更や設定金額を変更する方は変更が必要。

・SBI証券では、新NISAの運用開始とともに、つみたて投資枠の投信積立で、現金とクレカ決済の併用が可能になる。

・つみたて投資枠では毎月最大10万円を投資できるが、クレカ積立の設定上限金額は5万円なので、上限の10万円にしたい人は、クレカ積立5万円と現金積立で5万の設定が必要。

クレカ積立をするなら、SBI証券と提携している三井住友カードの場合、12月10日までに設定を終えないと、1月から積立開始ができないので早めの設定が必要。

これらのことについて、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

SBI証券では11月19日より新NISAの積立設定の受付が開始

SBI証券では11月19日より新NISAの積立設定の受付が開始されました。

新NISAがスタートする2024年1月から積立設定できる予約が開始されたということです。

僕は直ぐに設定画面を確認し設定を終えました。

2024年1月から投資をするには12月10日までに設定が必要

注意点として、三井住友カードでクレカ積立をする人は、12月10日までに設定をしなければ2024年1月分のクレカ積立に間に合わない為、注意が必要です。

新NISA開始の2024年1月分からクレカ積立をしたい人は必ず12月10日までに設定を完了させましょう。

SBI証券の新NISAの積立設定方法

では、実際の画面でどのように設定するのか解説します。

今回は、「クレカ積立」、「現金積立」の順に設定手順を説明します。

クレカ積立の設定方法

まずは、ログインします。

出典:SBI証券

①【投信】をクリック


出典:SBI証券

②投資する銘柄を探します。

今回は、新NISAで僕が投資をする、三菱UFJ-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」を選択し設定をしていきます。

銘柄の探し方は、いろいろあるのですがランキングから探します。

出典:SBI証券

③そうすると、ランキング1位に「三菱UFJ-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」があるのでこちらの【積立】をクリックします。

出典:SBI証券

④このような画面に切り替わるのでそれぞれ入力していきます。

決済方法は、「クレジットカード」を選択。

預り区分は、「NISA(つみたて投資枠)」を選択する。

積立コースと申込設定日は、クレカ積立の場合は自動的に「毎月1日」に設定されます。

注意

先ほど説明しましたが、12月10日までに設定をしなければ2024年1月分のクレカ積立に間に合わない為、新NISA開始の2024年1月分からクレカ積立をしたい人は必ず12月10日までに設定を完了させましょう。

積立金額は、クレカ積立の上限が5万円ですので、ご自身が投資したい金額を入力します。僕は5万円を投資するので5万円と入力し次へ進みます。

⑤ファンド情報の確認画面に切り替わるので、内容を確認し「確認画面へ」をクリック。

⑥投資するファンド名や決済方法等、入力内容の確認を行い、間違いがなければ取引パスワードを入力し「設定する」をクリック。

これで、クレカ積立の設定は完了です。

設定内容を確認する際は、「現在の積立設定の確認する場合はこちら」をクリックします。

そうすると、このように設定銘柄一覧が表示されます。

これでクレカ積立の設定は完了です。

現金積立の設定方法

続いて、「現金でのつみたて投資」の設定方法について解説します。

①こちらのページの「追加」をクリック

預り区分は、「NISA(つみたて投資枠)」を選択する。

現金での積立コースは、毎日、毎週、毎月の選択が可能です。

申込設定日は、1日と30日・月末は設定ができないのでそれ以外で設定が可能です。僕は毎月15日に設定を行います。

積立金額は、つみたて投資枠の毎月の上限が10万円なので、クレカ積立で5万円に設定した人は、現金では5万円までの設定が可能です。なので5万円で入力を行います。

ボーナス月の積立設定も可能ですが、クレカ積立と現金積立で毎月10万円投資をする人はこれで年間の120万円が埋まるので設定が不要です。

毎月の積立設定金額が10万円以下で、ボーナス月にいくらか投資をしたい人は設定をしましょう。

入力が完了したら「次へ」進みます。

③ファンド情報の確認画面に切り替わるので、内容を確認し「確認画面へ」をクリック。

④入力内容の確認を行い、間違いがなければ取引パスワードを入力し「設定する」をクリック。

これで、現金積立の設定は完了です。

設定内容を確認する際は、「現在の積立設定の確認する場合はこちら」をクリックします。

そうすると、このように設定銘柄一覧が表示されます。

現金積立が一覧に追加されました。

これで、クレカ積立と現金積立の設定が完了です。

注意点

ただ1点不明な点がありまして

現金の次回発注分が、2023年の12月15日になってるんですね。

NISAが始まるのが2024年からなので、この表示は恐らくSBI証券のシステムの問題だと思いますが、12月15日に購入されることはないと思います。

この期間であれば、新NISAは始まってませんので、ここは1月15日になるんじゃないかなと思っています。

今後、この情報が分かり次第情報を共有できればなと思います。

まとめ:SBI証券の新NISA投信積立の受付開始

今回は、2023年11月19日からSBI証券の新NISA投信積立の受付開始がされたので実際の設定方法等について解説をしました。

・SBI証券では、11月19日(日)より、2024年から始まる新NISAでの投信積立の受付が開始された。

・すでにSBI証券で一般NISA・つみたてNISAを利用している人は、2024年1月に自動的に新NISA口座が開設され、積立設定もそのまま引き継がれるので銘柄の変更や設定金額を変更する方は変更が必要。

・SBI証券では、新NISAの運用開始とともに、つみたて投資枠の投信積立で、現金とクレカ決済の併用が可能になる。

・つみたて投資枠では毎月最大10万円を投資できるが、クレカ積立の設定上限金額は5万円なので、上限の10万円にしたい人は、クレカ積立5万円と現金積立で5万の設定が必要。

クレカ積立をするなら、SBI証券と提携している三井住友カードの場合、12月10日までに設定を終えないと、1月から積立開始ができないので早めの設定が必要。

今回は以上です。

また、わからないことがあれば コメントかXからDMください。

いよいよ新NISAが始まりますね。

みなさんは準備はできていますでしょうか?

僕のブログやYoutubeチャンネルでは、新NISAについて様々な内容の動画を定期的に配信しています。是非チャンネル登録し、他の動画も参考にチェックしてみてください。

それではまた。

コメント