【新NISA】SBI証券のクレカ積立で三井住友カードゴールド(NL)とOliveフレキシブルペイゴールド、どっちがおすすめ?

資産形成
SBI証券のクレカ積立で三井住友カードゴールド(NL)とOliveフレキシブルペイゴールドおすすめは?
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

みなさん、こんにちは。

カズです。

SBI証券のクレカ積立で「三井住友カードゴールド(NL)」「Oliveフレキシブルペイゴールド」、どっちがいいのか悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、SBI証券のクレカ積立で三井住友カードゴールド(NL)とOliveフレキシブルペイゴールドを比較して、今からクレカを作るならどっちがいいのかを解説します。

是非最後まで見て、どちらのカードを選べばよいのか検討してみてください。

また、こちらの記事と動画でSBI証券のクレカ積立について解説しているので、併せてご覧ください。

この記事の結論について

・三井住友カードゴールド(NL)とOliveフレキシブルペイゴールド、どちらもSBI証券のクレカ積立で1%還元

・1枚のカードで済ませたい方には、Oliveフレキシブルペイゴールドをメインカードとして発行するのがおすすめ

・メイン口座が三井住友銀行の口座以外の人で、メイン口座を変えたくない人やMastercardを選択したい方は、三井住友カードゴールド(NL)の発行がオススメ。

では、それぞれ詳しく解説していきますので最後まで見てください。

スポンサーリンク

三井住友カードゴールド(NL)とOliveフレキシブルペイゴールドを比較

三井住友カードゴールド(NL)とOliveフレキシブルペイゴールドを簡単に比較してみたので見てみましょう。

年会費

まずは、年会費なんですが、どちらも5,500円。ただしOliveゴールドは初年度が無料です。

年会費が無料となる年100万円修行なんですが、どちらのカードも年間100万円の利用で年会費が永年無料となります。また、既にナンバーレスのゴールドを保有しており100万円修行達成済みの方が、Oliveゴールドを発行した際にはOliveゴールドの年会費は永年無料となります。

国際ブランド

次に国際ブランドですが、三井住友カードゴールド(NL)ではVISAとMastercardが選択できますが、OliveゴールドだとVISAのみ発行可能になります。

SBI証券のクレカ積立時のポイントと還元率

そして、SBI証券のクレカ積立では、どちらも1.0%のポイント還元。

通常のポイント還元率

通常の利用時の還元率はどちらも0.5%と変わりません。

デビット機能の有無

Oliveゴールドにはデビット機能がありますが、三井住友カードゴールドにはありません。

Oliveフレキシブルペイとは?

ではここで、2023年3月から誕生した新サービス、Oliveフレキシブルペイについて解説していきます。

Oliveフレキシブルペイとは、三井住友グループが提供するモバイル総合金融サービスで、キャッシュ、クレジット、デビット、ポイント払いの機能が付いた1体型のサービスです。 

キャッシュカードとクレジットカードの機能が一つになっているほか、専用アプリでの切り替えによってデビット払いやポイント払いもできるマルチナンバーレスカードです。 

また、アプリにてカード情報の確認や資産運用が可能です。

この新しいサービスは様々な特典が付いており大変人気なんです。

Oliveのメリット・デメリット

では、このOliveカードのメリットとデメリットを解説します。

メリット①:一つのカードにまとめられる!

Oliveカードは三井住友銀行の貯金口座、キャッシュ、クレジット、デビット、ポイント払いや保険、証券まで1つのアプリでまとめて管理することができるので、キャッシュレスの見える化を一気に進めることができます。

これらを複数のアプリを使い管理している人や、そもそも管理が追いついていないという人におすすめのサービスです。

メリット②:様々な特典が魅力!

Oliveカードには、三井住友カード(NL)にはない特典があります。

通常の三井住友カード(NL)で受けられるポイント還元率は最大12%ですが、Oliveカードではさらに6%多い最大18%のポイント還元率です。

ポイントアップを受けるためには、当月投資信託の買付を行うことやSMBCモビットや住宅ローンの契約など、さまざまな条件がありますが難しいものばかりではありません。

Oliveアカウントの契約やVpassアプリへ月1回以上ログインするなど、手軽に達成できる条件もあるので、自分がやりやすいものから始めてみるとよいでしょう。

出典:SMBC三井住友銀行HPから引用

ポイントキャンペーンは期間限定ではなく、通常時でポイントがアップするため、自分のペースで利用が可能です。

また、セブンイレブンやローソンなど、対象のコンビニ利用であれば、最大5%のポイント還元を受けられるので、大きなメリットです。

そのほかにも、マクドナルドやすき屋、ドトールコーヒーショップ等の飲食店が複数対象として含まれています。

普段、外食を多く利用する人は、効率的にポイントを貯めやすく魅力的です。

出典:SMBC三井住友銀行HPから引用

このように普段、よくカード決済を利用する人にとって、三井住友Oliveは非常にメリットが多いといえるでしょう。

デメリット①:国際ブランドはVASAのみ!

Oliveカードが選択できる国際ブランドはVISAのみなので、Mastercardを検討している方にはデメリットに感じるかもしれません。

VISAのみでも国内外問わず多くの店舗で利用可能ですが、コストコ等、一部の店舗ではMastercardのみ決済可能な店舗もあるみたいなのでそこは注意が必要です

ただし、通常の三井住友カード(NL)ではMastercardも選べるため、国際ブランドの選びに幅を持たせたい方は、Oliveカードとの併用をおすすめします。

デメリット②:引落し口座は三井住友銀行のみ!

Oliveカードを利用するには、三井住友銀行の口座開設が必須条件です。

開設だけではなく利用も必須となるので、既に三井住友銀行を利用している人には問題はないですが、別の口座をメインで使っている人にとってはデメリットに感じるでしょう。

今から発行するならどっちがオススメ?

それでは結論として、どちらのカードを作るのがオススメなのかを話します。

様々な特典が魅力で、カードの枚数を減らしたいならOliveゴールドを発行すればOK。

メインで使っている銀行口座が三井住友カード以外の口座を使用しており、メイン口座を変えたくない人やMastercardを選択したい方は、三井住友カードゴールド(NL)の発行がオススメ。

因みに僕は元々、三井住友カードゴールド(NL)を保有しており、100万円修行達成済みで年会費永年無料で保有できる為、Oliveカードゴールドも発行しました。

三井住友カードゴールド(NL)保有者限定キャンペーン

Oliveフレキシブルペイ  ゴールドの通常年会費(5,500円)が初年度無料になるキャンペーン中です。 

この初年度無料キャンペーンは予告なく終了する可能性があるため、以下のURLよりキャンペーン有無を確認し、フレキシブルペイ ゴールド作成予定の方は早めに申し込みましょう。

Oliveフレキシブルペイゴールド初年度年会費無料キャンペーン詳細

さらに、対象期間内(※)にOliveフレキシブルペイ ゴールドに申し込みすることで、三井住友カード ゴールド(NL)年間100万円利用達成済みの方に限り、Oliveフレキシブルペイ ゴールドを年会費永年無料で保有可能です。

※対象期間:

2023年3月1日~2024年2月29日まで

Oliveアカウントを作成する際、紹介プログラムを利用することで全員に1000Vポイントが付与されます。

登録は1分程で完了しますので、以下の紹介コードを使ってOliveアカウントを作成してみましょう!

≪Olive紹介コード≫

SF00149-0059140

Olive紹介プログラムはこちら

通常の三井住友カードゴールド(NL)の発行を希望の方はこちらのURLからの発行で最大で9000Vポイントが付与されます。

三井住友カードゴールド(NL)の発行はこちら

まとめ

今回は、SBI証券のクレカ積立で、「三井住友カードゴールド(NL)」「Oliveフレキシブルペイゴールド」を比較して、今からクレカを作るならどっちがいいのかを解説しました。

・三井住友カードゴールド(NL)とOliveフレキシブルペイゴールド、どちらもSBI証券のクレカ積立で1%還元

・1枚のカードで済ませたい方には、Oliveフレキシブルペイゴールドをメインカードとして発行するのがおすすめ

・メイン口座が三井住友銀行の口座以外の人で、メイン口座を変えたくない人やMastercardを選択したい方は、三井住友カードゴールド(NL)の発行がオススメ。

それではまた。

コメント