【SBI証券】最初にやっておくべき必須設定5選!!

資産形成
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

みなさん、こんにちは。

SBI証券の口座開設は終えたけど、

  • 初期設定ってどうすればいいんだろう?
  • いろんなサービスがあるけど、使った方がいいの?

とお悩みの方に向けて、詳しく解説します。

まだ、SBI証券の口座の開設が済んでいない方は、こちらを参照ください。

SBI証券
この記事の結論について

最初にやっておくべき必須設定5選をまとめました。

①SBIハイブリッド預金の設定

②ポイントサービスの申し込み設定

③取引プランをアクティブプランに変更する

④外国株式の口座開設

⑤クレカ積立用のクレジットカードを設定する

損をしない為にもこの5つ設定は是非やっておきたいところ。

スポンサーリンク

SBIハイブリッド預金の設定

SBIハイブリッド預金を利用する為の前提条件は

SBI証券の証券口座があること

住信SBIネット銀行の銀行口座があること

※住信SBIネット銀行の銀行口座開設はこちらから

アプリで口座開設 | NEOBANK 住信SBIネット銀行 (netbk.co.jp)

SBIハイブリット預金とは、SBI証券と住信SBIネット銀行が連携した円預金のこと。

出典:住信SBIネット銀行より引用https://www.netbk.co.jp/contents/
ハイブリッド預金のメリット
  • 手数料が無料
  • 金利が一般的な普通預金より高く、毎月利息が支払われる
  • SBI証券の買付余力になる

以上のようなメリットがあるため、SBIハイブリッド預金は効率よく資産形成したい人におすすめ。

SBIハイブリッド預金の設定方法

1.住信SBIネット銀行ホーム画面の口座情報・入出金→登録情報・各種設定のお客さま情報照会・変更をクリックする。

2.お客さま情報照会・変更画面のSBI証券提携サービスのSBIハイブリッド預金で登録する

※画像は登録済みのものになります、本来は赤枠内にある登録ボタンをクリックします

3.SBI証券の画面に移動しますので、SBI証券のユーザーネームとパスワードを入力し、ログインする

4.規定等を確認し、申し込みをクリックします。

これでハイブリッド預金の設定は完了です。

ポイントサービスの申し込み設定

SBI証券では様々な取引でポイントを貯めることができます。

貯まるポイントはこの5つ

ポイントを貯めるためには、メインポイントの設定が必要です。

メインポイントの設定方法(今回はVポイントをメインポイントに設定します)

1.SBI証券ホームページのホーム画面→口座管理→お客様情報設定・変更→ポイント・外部ID連携

→「ポイントサービス詳細はこちら」をクリックする。

2.メインポイント設定をクリックする。

3.設定可能なポイント一覧から、今回はVポイントの「利用を開始する」をクリックする。

4.各種規約を確認し同意欄にチェックを入れ、取引パスワードを入力します。

※取引パスワードは、証券口座開設時に付与されたものを使用してください。

5.Vポイントのサイトへ移動します。IDとパスワードを入力し、ログインをクリックする。

6.ログインを行うカードを選択し、「次へ進む」をクリックする。

7.サービスへの同意画面で「同意する」をクリックする

これでポイントサービス登録完了です。

Vポイントの場合では、8つのサービスで株式等を購入するとポイントが付与されます。 ※ポイントの種類によって対象サービスが変わります

取引プランをアクティブプランに設定する

国内の株取引を行う場合に発生する手数料には、2種類のプランがあります。

スタンダードプラン

✅アクティブプラン

この2つの手数料を比較しました。

スタンダードプラン

スタンダードプランの特徴

1注文の約定代金に対して手数料がかかる

信用取引の場合、100万円以上は定額の385円

アクティブプランよりも取引金額が少ない場合にお得になることが多いです。

アクティブプラン

アクティブプランの特徴

1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる

1日の約定代金合計額が100万円までは手数料がかからない

取引金額の少ない初心者の方などに適したプランになっており、スタンダードプランより取引金額が多い場合にお得になることが多いです。

証券口座を作りたての方は、これから本格的に資産運用を始めるため、少しでも手数料が安い(100万円まで0円)アクティブプランをおすすめします。

アクティブプラン(スタンダートプラン)の設定方法

1.SBI証券ホームページのホーム画面→口座管理→お客様情報設定・変更→お取引関連・口座情報

→国内株式手数料変更プランの「変更」をクリックする。

2.国内株式手数料プラン変更画面の「変更する」をクリックする。

これで翌日からプランが変更になります。スタンダードプランに戻す場合も同じやり方です。

外国株式の口座開設

日本株も良いけど、アップルやマイクロソフトなどの外国株式やETFも購入したい方。

外国株式やETFを購入したい場合は、外国株式取引の口座を開設する必要があります。

外国株式 口座開設方法

1.SBI証券ホームページのホーム画面→外国株式→口座開設・お取引までの流れ→今すぐ外国株式口座開設をクリックする。

2.ホーム画面右側の外国株式開設ボタンをクリックする。

3.ホーム画面→口座管理→お客さま情報設定・変更→お取引関連・口座情報→外国株式の口座開設をクリックする。

4.手続きが完了したら、再度ログイン→ホーム画面右側の外国株式取引ボタンをクリックする。

5.SBI証券 外貨建商品取引サイトが立ち上がれば完了です。

こちらの記事で外国株式やETFの購入方法について詳しく解説しています。

クレカ積立用のクレジットカードを登録する

SBI証券口座と三井住友カードを保有していれば、投資信託の定期買付ができるサービスです。好きな投資信託と毎月の買い付け金額(最低100円~最大50,000円)を設定し、クレジットカードを登録すると自動で積み立てが行われる便利なサービス。

クレカ積立(三井住友カード)のメリットはポイント還元

クレカ積立で投資信託を購入すると、購入金額に応じてポイントが付与される。

※ゴールドカードは年間100万円以上使用すると、年会費は永年無料。

※他にも還元率の高いカードがあります、詳細はこちら。

快適、安全、便利なキャッシュレスライフを。:三井住友カード (smbc-card.com)

SBI証券でクレジットカードを登録する

1.SBI証券ホームページのホーム画面→取引→投資信託→投信(積立買付)→クレジットカードをクリックする。

2.「カードを登録する」をクリックする。

3.各規約を閲覧し、同意にチェックを入れ、取引パスワードを入力する。

4.Vポイントのサイトへ移動します。IDとパスワードを入力し、ログインをクリックする。

5.ログインを行うカードを選択し、「次へ進む」をクリックする。

6.サービスの同意画面で「同意する」をクリックし、登録は完了です。

クレカ積立で投資信託を購入するだけで、ポイントが付与される状態です。

このように毎月5万円の積立で500P+αのポイントが付与されます。

お得ですで是非試してみてください。

SBI証券のクレカ積立はこちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ

今回はSBI証券口座の開設を終えた方に向けて、

最初にやっておくべき必須設定5選」をご紹介しました。

最初にやっておくべき必須設定5選まとめ

①SBIハイブリッド預金の設定

②ポイントサービスの申し込み設定

③取引プランをアクティブプランに変更する

④外国株式の口座開設

⑤クレカ積立用のクレジットカードを設定する

どの設定も最初は少し面倒ではありますが、お得なメリットがありますので是非やってみてください。

また、こちらの記事でSBI証券で便利なツール(アプリ)を紹介しています。参考にしてください。

SBI証券

それではまた。

コメント