【知らないと損】お金は稼ぐのも大事だけどまずは固定費を見直そう!

節約
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

みなさん、こんにちは。

カズです。

みなさんは、たくさん汗水たらして働いてるのに貯金が貯まらないなーとか、生活が楽にならないなーなんて思ったことはないでしょうか?

最近では『副業』という言葉がいたるところで発信されており、将来の不安や今の生活を少しでも豊かにしようと始める人がたくさんいます。

しかし、お金を『稼ぐ』のも大切なんですが、それ以上に余計な出費を抑えて余裕を持つことが大切になってきます。

この記事では固定費を抑えて、生活に余裕を持つために抑えておきたいことを紹介します。

この記事で得られる事

✅固定費を減らすメリット

✅簡単に見直せる固定費とは?

✅固定費の見直し方

スポンサーリンク

なぜ固定費を減らすことが大事なのか?

固定費を減らすってなんか地味だね。

何を言ってんだよ!

経済的自由を目指すのならまずは固定費を減らすことが再優先なんだよ!

勘違いしてはいけないのは贅沢をやめろとかそんなことじゃないよ。

ムダに払っている余計なお金を節約しようということ。

えっ?私、なんかムダにお金払ってるのかな。

その可能性はあるな。ほなどうやってムダな出費を抑えるのか教えるな!

なぜ、まずは固定費を抑えるから始めるのか?それは『稼ぐ』ことよりも簡単だからです。固定費を抑えることは知識を学び、行動さえすれば誰にでもすぐにできるからなんです。

今より稼ごうと思い残業を増やしたり、Wワークをしたり、副業をしてみたりと考える人がたまにいます。

しかし、それでは時間と労力を使ってしまい、ますますストレスが溜まってしまいます。

固定費を減らすことはそんなに難しいことではなく『やる気』さえあれば誰にだって

できますのですぐに実践して見てください!

固定費を効率よく減らすなら『大きなもの』から

お金を貯めたり、余裕を持たせるためにはまずは毎月かかる『大きな出費』を減らす必要があります。

人は『6万円の買い物』と聞くと『高い』と感じるのに、『月5000円の固定費』には『そんなもんか』と無頓着になります。月5000円の固定費でも年間にすると6万円です。

毎月かかり続ける固定を削減できれば、節約の効果はかなり大きくなります。

あなたは『6万円』あれば何をしますか?

それを考えてみてください。

固定費を見直すなら小さい固定費からではなく、『大きな固定費』から見直していきましょう。

人生の6大固定費を節約する。

人生には大きく分けて以下の6つの固定費があります。

人生の6大固定費

①通信費

②光熱費

③保険

④家

⑤車

⑥税金

確かに大きな支出だけどこれ以上減らせないと思った方もいるのではないでしょうか?

僕自身も僕の友人も親も同じように思っていました。

どれも生活に必要そうなものなのでこれ以上削りすぎると生活の質が下がってしまうのではないかと思ってしまうでしょう。しかし、たいていの場合、今以上にこれらの固定費を削減することは可能なんです。

今回は簡単に実施できる①、②、③について紹介していきます。後に別の記事で具体的に固定費を下げる方法を説明していきます。

通信費

まず始めに見直すべき固定費は通信費です。今あなたの携帯電話はどこのキャリアを使っていますか?

日本での通信キャリアは主にドコモ、au、ソフトバンクの『大手3大キャリア』が有名です。

この3大キャリアを使用しているスマホユーザーの月々の支払金額は平均で『8312円』であることがMMD研究所の調査結果でわかっています。

これを『格安SIM』に変えると毎月、4000円程節約できます。

格安SIM会社のスマホユーザーの月々の支払金額の平均は『4.434円』なんです。

(※出典:MMD研究所の調査結果

これだけで年間で計算すると

4.434円 × 12月 =53.208円の節約ができます

これが2名だと

53.208円 × 2名 =106.416円にもなるんです。

かなりの金額ですよね。僕自身はワイモバイルに変えて月々の支払金額は5000円

節約できました。

もし、あなたも大手3大キャリアを使用しているなら格安スマホに乗り換えを検討して見ることを強くお勧めします。

『通信費の節約』についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

光熱費

『光熱費』なんですが、電力会社を乗り換えるだけで年間1万~3万の節約が見込めます。

以前は電力会社は東電や関電などの電力会社との契約しかできませんでしたが、2016年から電力会社を自由に選択できるようになりました。

電力会社の乗り換えって難しそうと感じるかもしれませんが、めちゃくちゃ簡単です。

電力会社の乗り換え方法

1.ネットで電力会社を検索する (検索kw:電気代 安い おすすめ)

2.明細書で毎月の電気使用量と金額を確認

3.料金シミュレーション

4.申し込み(ネットで申し込み)

僕自身これで毎月1500円程安くなりました。

少なく感じるかもしれませんが1500円でも年間いすればそれなりの金額になります。

簡単なので是非、やってみましょう。

保険

『保険』の種類には様々ありますが、多くの場合保険の営業マンにすすめられてムダに保険に入らされているケースがあります。

日本では生命保険だけでも1世帯当たり平均で年38.2万も支払っているそうです。

30年に計算すると1.200万円。。。

これを見るととんでもない金額ですよね。

もし、生命保険と医療保険だけで月に1.5万円以上支払っている人は見直しが必要です。

一度、保険のことを調べて保険会社の担当の方に連絡して見てください。

あなたが知らないだけで結構いらないものに加入しているケースが殆どです。

保険会社は利益を出すためにやっていますからねー

最近はネットで保険への加入が簡単にできるのでそちらで見積もりをして保険乗り換えをするのも良いと思います。

まとめ:毎月ムダに払っている出費を抑えて身軽になろう!!

ここで紹介したものだけでも月に1万以上の節約が実現できてしまいます。

実際に保険や税金、家のことなどの『お金の勉強』をすればもっと節約が可能です。年間20万円の節約ができれば何ができますか?

年間20万円節約なら10年で200万円です。

こうやってまずは『稼ぐ』ことより『減らす』ことを考えることからスタートさせましょう。

今後、もっと細かく説明した記事を書きますので是非、参考に見に来てください。

それではまた(^^)/

コメント